Archive for 4月, 2016

変態キーボードの変態パームレスト(続)

それなりに会社で快調に使えているパームレストに、「捨てるな」シールを貼った。

何だかますます「ゴミ」感が増したのは気のせいである。

後になって、英語の語法から文面は命令文が先に来るべきだと思った。そのうち気が向いたら貼り替えようと思う。

IMG_04102016/04/23

んねぞう

バロック音楽の録音の響き

Youtubeで幾つかの団体をチャンネル登録して視聴しているが、録音のやり方に2通りあることが分かった。一つは、指向性のあるマイクを使って各パートの音を拾うやり方と、教会と言う環境を生かして豊かな響きを聞かせるやり方と。私は後者の方が好きだ。せっかく日本では少ない音響空間なので、各楽器の直接音よりも、アンサンブルが一体となってこだまのように響いて来る音を聴いていたい。この代表格がVoices of Music

2016/04/10

んねぞう

10

04 2016

変態キーボードの変態パームレスト

会社用の変態キーボード用にパームレストを作った。前回同様1X4のSPF材を使って、今回はオーク調にしてみようと思ったが、はっきり言って失敗だった。
見てくれはアンティーク調(それもリバーシブル)に見えないことはないので、会社ではそれで押し通す。しかし私が他人がこれを使っているのを見たら、「どこぞの廃校になった小学校の木造校舎の廊下の板でも引っ剥がして来たのでは?」と思い兼ねない出来ではある。
まずは失敗のひどい方から。一応艶消し面。

Img_0401

Img_0402

Img_0405

続いて裏面。と言うか、こちらが表面か?

Img_0406

Img_0403

乾燥を急いだせいか、板が歪んで、机に置いた時に若干のがたつきがあったが、一夜明けてみたら直っていた。

※ このパームレストは、戦前建築された小学校が廃校になって、取り壊されたときに廃材を利用して作られ、ある人が長年パームレストとして使っていたものを譲り受けたと言う設定にする。

しかし、それにしても汚い。「これはゴミではありません。捨てないで下さい」と書いたシールでも貼っておくか。

2016/04/10

んねぞう

変態キーボード

会社のパソコンが更新され、Bluetoothが使えるようになったのを機に、マウスとキーボードを自分で買って使っている。これでキーボードのケーブルが減り、持ち運びの度にマウスの無線のUSBドングルの着脱をする必要がなくなった。
キーボードは、ノートパソコンのキーボードのタッチが気に入らないので、自宅で使っているのと同じメーカの省スペースタイプのものを買った。

Img_0388s

 

ファンクションキーが省かれて、Fnキーを押しながら数字キーを使うというもの。
これは対応できるが、キートップにかな表記がないのは困る。私は1980年代に職場にワープロが入ってきた時に、「おい、新人、お前行ってワープロの講習受けて来い」と上司に言われて日本語入力をスタートした時以来かな入力なので、ローマ字入力をやれと言われてもできはするが能率が悪い。そこで、以前英語版のノートPCを使わされていたときのことを思い出し、文房具屋でひらがなシールを買って貼り付けた。
GR003199s

やっつけ仕事の匂いがひどいが、一つはかなの画ひとつひとつがばらばらにできていて、たとえば「に」の字は3つの欠片を自分で場所を合わせて貼らなければならないので福笑い状態。「な」の一部に至っては他の字を貼り付けている最中に台紙からはがれてどこかに行ってしまった(後記 後で見つかって無事在るべき場所に納まった。更に言うと『ろ』の字が抜けていたのに後で気が付き、貼りました)。もう一つは既存の英数字の刻印を隠さない様にするとキー毎に多少位置をずらす必要があったため。

GR003200s

 

自宅にある同じメーカのまともなキーボードとのツーショット。

 

GR003201s前回に引き続き1X4材を使って幅の合ったパームレストを作っている。

新しいキーボードはさぞかし恥ずかしいことだと思うが(私も恥ずかしい)、堪えてもらいたい。このキーボードを使いこなすにはホームポジションからできるだけ手を離さないことを要求されるので、これらのシールが剥がれてしまう頃にはブラインドタッチができるようになっていて、子供じみたシールで良い年をした親父が奇異の目で見られることのないようにしたい(なりたい)。

それよりもローマ字入力に切り替えた方が良くはないかだと?

…… いやいや、そこはそれ、絶滅危惧種としての意地が ある訳で ……

【後記】実物を娘に見せたら「せっかくの高級感が台無しだね」とのこと……

2016/04/09

んねぞう

 

パームレスト

今使っているキーボードはタッチが気に入っているのだが、一番低い所でもキートップが机から3cm高くなっていて、打鍵の時に手を浮かし気味にする必要があって少し気になっていた。
電気量販店に行ったついでにパームレストのコーナーに行ったが大したものがなく、家に帰ってNetで調べたら、木製の良さげなものがあったが、すでに廃版になっていて、今売られているものでも3500円以上している。さらにNetを見ていたら木製のものを自作している人がいた。成程と思い、自分でも作って見ることとした。
DIYで使った1X4のSPF材の端材があったので、キーボードの幅に切って、DIY店に行ってやすり、ニス、刷毛等を購入。これで2500円。
家に帰ってせっせとやすり掛けしてニスを塗って待つこと3時間。

キーボードの幅に合わせて罫書きした筈だが、切った後角を取るために削ったら目で見てわかるほど幅が狭くなってしまった。左上の節はご愛嬌。

Img_0374
角の断面が美しくないが、密度の低いSPF材だから致し方ないか。そのお蔭で加工が楽だった訳だし。

Img_0375
 

Img_0384
高さはぴったり。

Img_0382
素人のやっつけ仕事の雑さが大いに漂う一品ではあるが、物の役には立つであろう。

2016/04/02
んねぞう