丑三時-Feb.2021

画像

できる気のしないタスクを与えられ、組織の歯車として追い詰められ感に苛まれつつこの数か月を過ごしている。週末の深夜、遅い夕食を認め、いてもたまらずしばしの逃避のため、カメラを掴んで外を歩く。時は図らずも丑三時。常識から外れた時間に行動していることは承知のうえだ

このいっときの放浪が終わり、塒(ねぐら)に帰る時には既に空が白んでいる。そして、束の間の眠りの後、また終わりの見えない懊悩に苛まれる時が続くのだ

2021/02/13
んねぞう

雨上がりの夕暮れ-Mar.2021

画像

嵐と言って良いほどの大雨と強風に見舞われた日の夕暮れ

普段はいつ訪れても綺麗に掃き清められていて落ち葉一枚ない庭だが、それだけに強風で枯葉が乱れ落ちている姿は珍しく、逆に趣を感じる

2021/03/21
んねぞう