ソウル裏通り – Mar. 2019

画像

仕事でソウルに一泊の出張。着いた日の夜、ホテル周辺の裏通りをぶらぶら

最近できたらしいホテル。タクシーの運転手も場所がわからなかった
華やかな表通り。”超”の付くような高級車が普通に路上駐車している。東京で言うと表参道? (一度しか行ったことないが)。とにかくこの私とは無関係な世界から逃れるべく裏通りを探す
一歩小路に入るとどぶの匂いのする裏通り。日本の大都会の裏通りでもこのような臭いを嗅いだ覚えがある。このような臭いは大都会の裏通りに共通なのかも知れない
さらに奥に入ると静かな住宅街。やっと人の暮らしの匂いがし始めた
日本語の看板のある、エステショップ? 施療院?「顔面非対称」とは…?
大通りには美容整形の病院が目立つ。「整形外科」という看板だが、韓国では美容整形も整形外科と言うことも多いらしい
裏通りはCafe、コンビニエンスストアが多い
路地をあてどもなく歩いているうちに、十字架が明るく照らされて立っているのに気がついた。ふらふらとその方角に向かって歩いて行く
聖と、日々の人々の営み。キリスト教だけではないと思うが、信仰と俗世間のギャップをどう取り扱うかが、門外漢からみた宗教の一つのポイントかと思う
教会の塔の元に立つ銅像。調べてみると、この教会はプロテスタントの教会らしい。韓国はカトリック、プロテスタントを合わせたキリスト教信者の数は3割弱、仏教徒より多いそうだ。この像は韓国人の持つ、世界協和のイメージかな、と思って見たりする

荷物を少なくするため、今回はAPS-Cのコンパクトデジカメのみ。シャッタースピードは、遅い時はISO感度を3200まで上げて1/10秒程度。

2019/03/07
んねぞう