秋の禅寺-Oct.2020

紅葉にはまだ早い10月最後の土曜日、夕方近くになって、うららかなというには強い西日に誘われるようにして、このところよく通っている禅寺を訪れた

立派な三門をくぐり、まずお参り。大きくはないが、静謐を感じさせる、落ち着いた境内に心が休まる。時折東側を走る私鉄の騒音が聞こえるのみ

道元禅師の銅像。私は、禅師の真ん前に立ってお顔をまともに仰ぐことができない。写真を撮らせては頂いたが、このブログに掲載する勇気も出ない。やはり自分の卑しさを多少は自覚しているのだろう

傾きかけた西日に、仁王様の口元が少しほころんでいるようにも見える

逆光を背に受けて立っている水子地蔵。壮絶な子の苦しみを全身で救って下さっているという思いを強くする

寺額に最後の光芒が差す。紅葉の頃はどうなっているか、楽しみを残して、この場を後にした

2020/10/31
んねぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です