夏の河村城址-July 2020

ひさしぶりに河村城址に来た。これまでは電車で山北まて来て山を登って来たのだが、今回は3密を避けて、と言うと聞こえは良いが在宅勤務が続き、外出自粛で足腰が衰えているのでずるをして車で。山上に駐車場があるのは以前から知っていたので、そこに車を置いて、大庭廓からアプローチ

城自体が尾根を平らに:削ったり埋めたりして築かれているので、この尾根を越える雲が幻想的な風景を見せる

尾根の一部をわざと切り欠いた、畝堀という外敵侵入防止の施設。このところ続いた雨で溜まった水の面に雨が波紋を描くのを、ぼーっと見ている

しばらく来ないうちに、立派な展望台ができていた。大庭廓と、その向こうに見えるのは、南足柄(多分)。反対を向くと、近藤廓の発掘跡が俯瞰できるようになっている

城跡からしばらく歩いていると、廃屋があったりするが、この小屋はまたポップな色使いなので気になっていた。以前も撮ったかも知れない

ここに来る前に訪れた洒水の滝同様、人っ子一人会わず、とてもよかった。8時過ぎにこの場を後にした。以前、昼過ぎにえっちらおっちら上ってきて汗だくになった挙句、麓に戻ってビール!ビール!と喚いていた時とは大違いだ

2020/07/24
んねぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です