雪の古民家-Jan.2020

今日は関東地方でも雪が降るという予報だったとのこと。道理で寒いと思った。写真教室のある日だったので、早めに教室のある古民家に行って写真を撮った。教室の皆さんには寒い、寒いと不評だったが、私は降れ、降れ、もっと降れと心の中で念じていた

折しも古民家の行事で繭球を作ったのが飾られ、外の寒々しい景色と好対照をなしていた
雪であることを示すためにはシャッタースピードを早めにして、雪の動きを止めないと、雨と区別がつかなくなることがわかった
外の明かりが障子を通って少し青みを帯びているが、繭球を飾っている部屋の暖かさを増幅しているように思える。静謐。

2020/01/18
んねぞう

2 thoughts on “雪の古民家-Jan.2020

コメントは停止中です。