みなとみらい – Jan. 2011

ある必要があって、横浜のみなとみらいで時間をつぶすことになった。元来私はこのような人工的な、いかにも人間が一生懸命知恵を絞って人が好きそうなしつらえを構えて、計算ずくで、一分の隙もなく効率的に金を儲けようとしているような場所は大嫌いで、嘘くささ、嘘寒さを感じる。

ここでは、思い切り意地悪く写真をいじって、上記のような印象に仕上げて見る。

大観覧車前の運河を航行する遊覧船。みんな楽しい?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現代版バベルの塔の麓で回るカルーセル。人間の不遜と快楽の象徴が同居。劫罰の予感。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近代的オフィスビルのつるんとした外壁。私には「組織」とその下で動く人間の冷たさしか感じない。その対極にある「遊び」が、それらの異質性から来る違和感の解決なしに同居していることに、軽い吐き気を覚える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

如何にもカラフルで楽しげな館の並びと背後に迫る現実、ピノキオが誘惑に負けて罠にはまった場面を思い起こさせる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誰も乗っていないジェットコースター。楽しそうだね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

んねぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です