ある元旦 – Jan.2018

南東北にある地方都市の元旦。

市内にある小さな神社にて初詣。

ひっそりとした小さな神社で、近所の人たちが時折お参りに来る程度。真新しい注連縄を折しも差し込んできた逆光で撮る次いで戦国時代の武将上杉謙信で知られる上杉家の廟所に参拝。杉木立の枝から時折雪が落ちて来る。 上杉謙信公、景勝公、鷹山公他代々当主、側室等(2018/01/04訂正)の廟が立ち並んでいる。過疎の代名詞とも言われる地方都市で、このような歴史を大切に守っている動きがある。「上杉」と言うとまだ全国区かもしれないが、この町には、ふと目をそらすと思わぬ歴史、物語が人知れず眠っているが見つかる感じがする。わからないのは当方にその知識がなく、アンテナが低いため。

 

2018/01/01

んねぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です