大晦日のプチ旅行 – Dec.2017

今年の春に最上川の源流の街を訪ねた(山里の春 2 – May 2017)が、1万円札のせいで最上川の河原に行くことができなかった。この大晦日に時間を見つけてローカル線に乗り、リベンジを図る。

ローカル線の終点の駅を出発、県道をとぼとぼと辿る。途中、乗って来た線路の跨線橋を渡る。線路沿いに獣の足跡。

最上川を跨ぐ「最上川橋梁」越しに飯豊朝日(2018/01/04訂正)連峰を望む。ちなみに「最上川橋梁」は日本最古の錬鉄製鉄橋 とのこと。

河原へのアプローチを求めて。至る所に獣の足跡。

結局深い雪のせいで河原に降り立つことはできなかったが、雄大な飯豊朝日(2018/01/04訂正)連峰の眺めに深呼吸。帰りの列車。1両編成。

乗り継ぎの後、車両に私一人しかいないのを確かめ、ここぞという時だけ窓を開けて、朝日連峰の山々を別の角度から撮った。

こちらは奥羽山脈。向こうは福島県。

来た時と同じフラワー長井線、米坂線と乗り継ぎ、プチ旅行は終了。

穏やかな天気に恵まれた一日、一面に雪を被った田んぼ、そして遠くに望む山脈、このような景色の中を一人歩ける幸せ。私にとっては宝物。

2017/21/31

んねぞう

大晦日のプチ旅行 – Dec.2017” への3件のコメント

    • 又八さん

      コメント有難うごさいます。
      足跡の主はわかりません。誰かに聞いてくれば良かった。
      鹿か猪ですかね。

      • Webで動物の足跡の画像を調べて見たところ、
        ×: 兎、猪、狸、鼬
        △: 狐
        ○っぽい: ニホンカモシカ、ニホンジカ
        因みにニホンカモシカはウシ科なんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です